トップページお得な情報からすみが出来るまで
お得な情報
  • 干物が出来るまで
  • 干物に関する情報
  • からすみが出来るまで
  • からすみに関する情報
  • 金目鯛に関する情報

オンラインショップへ
干物・からすみはやまきちオンラインショップでご注文方法
会員登録
お客様からのご意見
お問い合わせ

からすみが出来るまで

からすみができるまで

伊豆の山々に囲まれた自然あふれる南伊豆「入間(いるま)」。
気温が下がり天候の安定する11月からからすみ作りのシーズンが始まります。
10年ほど前に商品化を考え試行錯誤の末現在のからすみが完成しました。

やまきちのからすみはすべて手作業で製造しております。

まずはボラから出した卵のくさ味を消す為、丁寧に血抜きを行います。わずかな血が残ってると生臭さが残ります。
ピンセットを使って細かいスジを取り除く神経を使う作業です。
その後、駿河湾海洋深層水につけるのが「やまきち」流。この作業で味もまろやかになり、よい色ができます。

次に卵を塩漬けします。
パウダー状の細かな塩をパン粉をまぶすように付けていきます。

余分な脂や水分を抜いていく作業です。
板の上に塩漬けの卵巣を並べ、10〜15段積み重ねて4〜5時間重しをかけます。

からすみ作りの第一人者の手によって、高品質で芸術品のようなからすみが生まれます。

天日干しの風景です。

1ヶ月の間、太陽と潮風にさらされて、風味豊かなからすみになっていきます。
毎日ひと腹ずつ裏返したり、浮き出た余分な脂分を拭き取ったり、手間暇をかけて製品が完成します。

ページトップへ